クラミジアのマクロライド系抗生物質とは

クラミジアの治療薬

クラミジアの治療に使用される抗生物質の種類

クラミジアの治療は、通常抗生物質を使用します。クラミジアの治療に使用される抗生物質には主に3種類ありますが、ここではマクロライド系の抗生物質について見ていきます。

クラミジアの治療に使用される抗生物質には、マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキロノン系のおもに3つの種類があります。ケトライド系の抗生物質もありますが、まだあまり出回っていないうえ、意識消失の副作用が出る恐れもあるため第一選択肢ではありません。どの抗生物質でも、クラミジアは服用から1~2週間で治ることが多いです。ただ、それは性器クラミジアの場合で、のどに感染する咽頭クラミジアの場合、治療期間はもっと長くなります。これらの抗生物質のなかから患者の症状に適したものが処方されるので、一概にどの抗生物質がいちばん効くとは言えません。

マクロライド系抗生物質の特徴

おもに処方されるマクロライド系の薬

一般的によく使われるのがマクロライド系の抗生物質です。マクロライド系抗生物質の薬には、ジスロマック、クラリス、クラリシッドなどがあります。どの薬も抗菌力が強いのですが、同じマクロライド系の抗生物質でも薬によって作用の仕方が違うので、すべてが同じようにクラミジアに作用するというわけではありません。副作用も薬によって違いますから、個々の患者に合わせて最適なものを医師が処方します。

効果が出ないこともある

服用期間が短いというのがマクロライド系の抗生物質に共通した特徴ですが、最近ではこれらの薬に耐性を持ったクラミジア病原体が増えています。そこで、マクロライド系の抗生物質が効かない場合は、ほかのタイプの抗生物質を併せて用いることもあります。

飲み忘れの心配がないジスロマック

マクロライド系のクラミジア治療薬で注目されているのがジスロマックです。ジスロマックは一度の服用でその効果が約1週間続くというメリットがあります。クラリスとクラリシッドの場合、1日に2~3回服用しなければならないので飲み忘れのリスクがありますが、ジスロマックならその心配がなく、短期間でクラミジアを治療するための第一選択肢となることが多いです。また、副作用が少ないというのもジスロマックのメリットです。素早く治療できるということで、完治に時間のかかる咽頭クラミジアの場合にもよく使われます。