クラミジアを放置するリスク

自覚症状が出にくいクラミジア

自然治癒は期待できない

自覚症状が少なく、自分が感染していることに気づかないこともよくあるクラミジアですが、放置していれば自然に治るという考えは危険です。そこで、クラミジアを放置することのリスクについて見ていきましょう。

クラミジアに感染しても、男性の約5割、女性の約8割は何の自覚症状も感じないといいます。そのために感染が拡大しており、日本には100万人以上のクラミジア感染者がいるそうです。とはいえ、その100万人が全員病院を受診して治療しているわけでもありません。かといって、治療しなかった人全員が重症化して取り返しのつかないことになっているわけでもありません。そのため、放置していても自然治癒することがあるのではと思いたくなりますが、そうとは一概に言えないのです。クラミジアの治療を受けなくても、風邪薬などに含まれる抗生物質が知らないうちにたまたまクラミジアを治している可能性もあります。自然治癒することはないと断言する医療関係者もいますので、放置してよいとは言えないでしょう。

感染の拡大

クラミジアを放置していると、その人と性行為を持った相手も感染させてしまうことになります。それが不特定多数と性行為を持つような人だったら、クラミジアの感染は拡大する一方です。クラミジアはセックスだけでなく、フェラチオやクンニリングスでも感染する病気です。ですから、たとえば本番行為のない風俗であっても、感染するリスクは高確率であるのです。クラミジアがのどに感染すると、性器に感染したときよりも完治に時間がかかってしまいます。その間にもどんどん感染が広がり、重症化すると以下に示すような深刻な状態を招いてしまいます。

放置したクラミジアが引き起こす症状

男性の場合

男性がクラミジアに感染すると、自覚症状があっても初期段階では排尿時の尿道の違和感程度です。しかし、放置するとクラミジアの病原菌が前立腺や精巣上体にまで侵入し、そこで炎症を起こします。前立腺炎や精巣上体炎は男性の不妊症にもつながりますので、放置するリスクは高いです。

女性の場合

女性の場合はもっと深刻です。男性よりも自覚症状が出にくいので、痛みを感じたときには子宮頚管炎、子宮内膜炎、卵管炎、卵巣炎など重症化していることがあります。炎症によって卵子や受精卵の通り道が塞がれてしまうと、不妊や子宮外妊娠になってしまいます。また、妊娠時に感染していると生まれてくる赤ちゃんまで感染させてしまうことにもなり得るのです。