cmorissette.com一覧

クラミジア治療薬レボフロキサシン500

レボフロキサシン500は1錠に成分を500mg含んだ抗生物質です。クラビットの成分名であり、クラミジア感染症に見られる炎症に効果を示します。ジェネリック商品が多数ありますが、どれも成分は同じで、副作用の少ない安全な薬です。

クラミジア治療のレボフロキサシンとは

クラミジア治療薬として有名なクラビットの成分名をレボフロキサシンといいます。以前は第一三共の特許でしたが、今では多くのジェネリック商品が発売されています。なお、クラビットは以前に比べてクラミジアに対して効果が薄いと考えられています。

クラミジアでリンパ節の腫れが

風俗に行ってからリンパ節が腫れて太ももの付け根辺りが痛くなりました。性病の可能性を考えて病院で診察してもらうとクラミジアとわかりました。ジスロマックという抗生物質で完治しましたが、セックスじゃなくても性病にかかることがあると知り、風俗の危険性が身に沁みました。

クラミジアの予防法は

クラミジアは、感染者との粘膜の接触によって感染するため、あらゆる性行為によって感染し得る性感染症です。クラミジア検査に行く、不特定多数の異性と性行為を持たない、コンドームを必ず装着するなどの予防法を取って、感染の拡大を防ぎましょう。

クラミジア薬のクラビットとは

クラミジア治療薬のクラビットは細菌感染に有効な薬です。処方されたときは指示通りの用法用量を守って最後まで飲み切ることが大切です。ただし、今ではクラビットのクラミジアへの治療効果は以前ほど期待できなくなっています。より高い効果を得られる薬を検討するのも一手です。

クラミジア薬のアジー(ジスロマックジェネリック)

クラミジアの治療に高い効果を示すジスロマックのジェネリック医薬品がアジーです。ジスロマックより価格が安いうえ、ジスロマックとまったく同じ有効成分を使った薬なので、効果や安全性も同じものが期待できます。日本の病院では処方されないので入手は個人輸入によります。

クラミジア薬の種類は?

クラミジアの治療には、マクロライド系、ニューキロノン系、テトラサイクリン系の3種類の抗生物質が用いられることが一般的です。このうち現在の主流がマクロライド系のジスロマックで、長時間効果のある副作用の少ない安全な薬として知られています。

クラミジア治療薬のメイアクトとは

セフェム系抗生物質のメイアクトはクラミジアには効きません。尿道炎や咽頭炎などクラミジアでも表れ得る症状に処方されるため、メイアクトがクラミジア治療薬という誤解を持つ人がいるのでしょう。メイアクトを処方されるということはクラミジアではないということです。

クラミジアのマクロライド系抗生物質とは

クラミジアの治療によく使用されるのがマクロライド系の抗生物質です。さまざまな種類がありますが、ジスロマックは強い抗菌力と服用期間の短さで注目されています。1回の服用で効果が約1週間続くため、飲み忘れの心配がありません。

クラミジアを放置するリスク

クラミジアは自然治癒するという考えは危険です。自覚症状が少なく感染が拡大しやすいクラミジアは、病原菌が体内に侵入するにつれ、男女ともに重篤な病気を引き起こします。子宮外妊娠や不妊症の原因にもなるので、早めの治療が大切です。